仲町台たがみ歯科医院

ホワイトニング

WHITENING

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、薬剤により歯を白くするための施術方法のことです。人間の歯は神経・象牙質・エナメル質の順で覆われています。真ん中になる象牙質は少し黄色っぽくなっているため外側のエナメル質が透けてしまい、全体的に黄色っぽくみえてしまうのです。加齢とともにエナメル質は薄くなり、さらに象牙質は厚みを増します。さらに食事などにより着色汚れが付着しより一層、歯の表面が黄色くなってしまいます。

そこで「ホワイトニング」により黄ばんだ歯の表面をブリーチングする治療が取り入れられます。元々「歯が黄色い」という方もホワイトニングによって、理想の白さに近付きます。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・デュアルホワイトニングの3種類の施術方法があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が施術をし、薬剤とレーザーを使用して歯を白くする方法です。ホームホワイトニングと比較すると、濃度の高い薬剤を使用するため、短期間で効果が実感しやすいというメリットがあります。しかしホームホワイトニングよりも色が戻りやすいというデメリットも挙げられます。

審美目的のため健康保険が適用されません。費用は1回¥15,000(税抜)となり、2回目以降は¥5,000(税抜)となります。

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングを「ホームホワイトニング」と呼びます。オフィスホワイトニングと比較すると長い期間がかかりますが、低濃度の薬剤を使うため安全にホワイトニングができます。また約1~2年と長期間、効果が実感できるメリットや日常生活の合間にケアを行えることから人気のあるホワイトニング方法です。

ホームホワイトニングでは、最初に患者様の歯型をとりマウスピースを作成します。ホワイトニング専用の薬剤をマウスピースに入れ、1日数時間、約4週間マウスピースを装着してホワイトニングを行います。

価格は、マウスピース制作費用と薬剤2週間分の費用合わせて¥15,000かかります。長期間効果が持続するためメンテナンス費用が安く済みます。追加の薬剤は1週間分で¥5,000となっております。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うホワイトニングを“デュアルホワイトニング”といいます。
歯科医院にて短時間で歯を白くした後、ご自宅でホームホワイトニングによるケアを行っていただきます。即効性が高く、長期間効果を維持できることから高い効果が期待できるホワイトニングといえるでしょう。ホームホワイトニング・オフィスホワイトニングの両者を取り入れているため、合わせた金額となり¥30,000の費用となっております。徹底的に歯を白くしたいという方におすすめの施術方法といえます。

ホワイトニングの流れ

①問診・診査
  • 患者様の歯の色に関する悩みや希望をお聞きします。口腔内の検査を行い、歯の健康状態を確認します。もし、虫歯や歯周病がある場合はホワイトニングの施術を行う前に治療をします。
②カウンセリング
  • お口の状態を確認したあと患者様の希望を考慮し、オフィスホワイトニングかホームホワイトニングどちらを実施するのか相談します。
③クリーニング
  • ホワイトニング専用の器具を使用し、表面についた歯の着色汚れを除去し、現在の状態を写真に記録します。

オフィスホワイトニング

上記の流れを終えた後、オフィスホワイトニングの施術に進みます。

①薬剤の塗布
  • 器具で歯肉を保護し、歯の表面に薬剤を塗布します。
②光やレーザーを当てる
  • オフィスホワイトニングでは薬剤を塗布しただけでは、色素の分解に時間がかかってしまいます。そこで短時間で効果を出すために特殊な光やレーザーを照射するのです。
③薬剤を除去
  • 塗布したホワイトニング専用の薬剤を洗い流します。 患者様のご希望の色調になるまで、上記の方法を数回繰り返します。

ホームホワイトニング

上記①~④の流れを終えたあと、ホームホワイトニングの施術に進みます。

①型取り
  • 歯の型をとり、マウスピースを作成します。完成したマウスピースは後日お渡しします。
②ホームホワイトニングの説明
  • 具体的にどのようにしてホワイトニングを進めていくのか、ホームホワイトニングの方法や注意点について説明をします。
③自宅にて施術実施
  • その日から2~4週間ご自宅でホワイトニングを行います。
④チェック
  • 当院にお越し頂きホワイトニングの効果を確認し、必要であれば施術を継続します。

よくある質問

ホワイトニング後の歯の痛みはありますか?

ほとんどありませんが、ごくまれに痛みの出る方がいらっしゃいます。

オフィスホワイトニング
  • 痛みや染みるなどの症状は個人差があります。知覚過敏などによって痛みを感じやすい場合には染み止めのお薬を塗布することも可能です。ご心配な方はカウンセリング時にお申し付けください。
ホームホワイトニング
  • 初めてホームホワイトニングを行う方は、シミにくい低濃度のホームホワイトニングジェルからのご使用を推奨しております。染みる場合には染み止めのお薬を処方いたします。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはどちらの方が歯が白くなりますか?

目的や期間に応じて答えは変わりますが、患者様の満足いく白さになるまでは“継続”が重要です。そのため「長持ちさせつつ早く白くしたい」というのであればデュアルホワイトニング、「短期間で効果を出したい」ならオフィスホワイトニング、時間はかかっても効果を持続させたいのであればホームホワイトニングがおすすめです。

虫歯があっても施術可能ですか?

ホワイトニング前の口腔内の検査時に虫歯が発覚した場合には、先に虫歯の治療をしてからホワイトニングを行います。また、ホワイトニングの施術期間中に虫歯ができたときは、一旦ホワイトニングを中止し虫歯の治療を優先します。