仲町台たがみ歯科医院

根管治療

ROOT-CANAL

根管治療とは

歯の神経「歯髄(しずい)」まで達した虫歯を治療する方法を根管治療といいます。歯髄は歯の奥底にあり虫歯を発症すると強い痛みを伴います。

最悪、虫歯が悪化してしまい歯髄炎を起こすかもしれません。歯髄炎を発症すると、熱い食べ物が触れるとしみてしまったり、何もしていない状態でも痛みを感じたりししまいます。

そこで施す治療法は、まず歯の神経を取り除きます。さらに根管という神経が入っていた管を洗浄・除菌し、殺菌をするのです。その後薬剤を詰めて被せ物をして治療を続けるという仕組みです。

根管治療は神経を除去しつつも根管を削る治療のため、高度な技術が必要とされます。

・抜髄
  • 歯髄炎を引き起こした場合は、炎症を抑えるのが大変困難です。歯髄の組織が細菌に攻撃され炎症を悪化させます。すると根管内で細菌が増え、歯周病や虫歯菌が増殖してしまうのです。そこで「抜髄」という治療で歯髄を取り除く作業を行います。抜髄で無菌的な治療を行い、精密な土台や被せものをセットして細菌がいない状態を作り出します。
・感染根管治療
  • 感染根管治療とは、根の先にある炎症を抑えるために根管の中の細菌や汚染物を取り除く治療法です。感染した細菌は根の中から入り込み歯を支える骨まで広がります。やがて尖性歯周炎という病気を発症し、歯茎の腫れや咬合痛、自発痛が出てしまうことも。 次第に骨が溶けて歯がぐらぐらし安定性が保てなくなります。

当院の根管治療の特徴

当院では歯科用拡大鏡を用い、精密な根管治療を行います。

歯科用拡大鏡を用いた精密根管治療を行います

根管治療をするにあたって、神経の入っている根管を肉眼で捉えるのは至難の業。しかし今まではこの根管を肉眼で目視し治療を行っていたのです。当然、歯科医の経験や勘に左右される治療法でした。そこで治療を確実なものにするために歯科用拡大鏡を用いた治療を取り入れたのです。

CTで根管の状態を把握した上で、取り残しのない丁寧な治療を行います

当院では根管の状態をCTスキャンを使って精密に確認をしています。CTスキャンを用いることで、精密な診療が可能になりました。実際にはじめてわかることもあります。レントゲンでは目視することができない部分を捉える事で、手術前に念入りな準備を始められるのです。根管に与えている影響を見落とすことなく最適な治療を実施できます。

ラバーダムを使用し、再感染を防止します

当院ではラバーダム防湿を使用し、再発を防ぎます。ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせ、口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具です。つまりラバーダム防湿を使うことで細菌の侵入を防ぎ、治療の成功率も90%まで向上すると言われています。

根管治療の流れ

①口腔内の検査
  • 事前にCTスキャンや歯科用拡大鏡を用い口腔内の検査をします。どこまで虫歯が進行しているのか徹底して調べます。
②感染物質の除去と根管拡大
  • リーマーと呼ばれる針のような器具を使用し、根管内部に繁殖する細菌を除去します。さらに薬剤を隅々までいきわたらせるために根管を広げます。
③根管内部を殺菌し無菌化
  • 根管内は凸凹しているためファイルによる根管形成だけでは完全な細菌除去は困難です。そこで薬剤を使い根管内部の洗浄をします。